読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、その他諸々のデジタルガジェットが好きなので、電磁波で死んでしまうかもしれない。その前に書き留めておこう、というブログ。

食べログにレビューを書くのを止めることにした

グルメ

食べログにレビューを書くのを止めることにしました。

 

ポイントをもらったり、その他の恩があったりして(最後の方に書きます)だらだらと止められずにいたのですが、以下のうさぎたんさんの記事を読んで、「俺の経験もさらした上で、レビュー書くのはもう止めようっと」と思った次第です。

 

blog.gyakushu.net

 

 

しかし、あれだなー。今日ほど「早く仕事終わって、ブログ書きたいぃー」という気になったのは初めてです。家までの時間がもったいなくて、途中下車して居酒屋で書くっていう・・・。

そういう意味では、うさぎたんさんのこの記事はプレミアムフライデーよりもノー残業デーよりも効力があるっていう。

 

 

 

 

わたしの経験

 

わたしの経験を、レビューの文言そのもの(一部修正)と食べログ側の返信の一部でご紹介します。ちなみに、わたしの以下の経験は数年以上前です。

 

 

【わたしのレビュー】(指摘を受ける前)

 

  • 店員「21時までのご利用となります」
  • わたし「えっ。飲み放題を注文してないですよ。だったら時間制限、ないですよね?」
  • 店員「少々お待ちください」
  •  その店員は新人らしい。奥に確認に行き、戻ってきて。
  • 店員「120分です」

 

なんでやねん? 飲み放題ちゃいますよ? と訴えるもダメ。メニューにもそんなこと書いてないです。

事前の予約でも、そんな話はありませんでした。でも、親族たちで来ていたのでことを荒立てるのはやめておこうと踏ん張りました。

 

最初の飲み物が出たときに「じゃあ、今が19:15なので、ラストオーダーは21:15でいいですね」と念を押しました。」

 

というレビューを書きました。

 

 

食べログ側より】

以上の部分がガイドラインに該当しますので、修正をお願いします。

(わたしの注記:該当しますので、じゃなくて抵触しますので、ということを言おうとしてます)

 

 ■該当ガイドライン

「3.お店へ悪影響を及ぼすかつ内容の確認が困難な事象についての投稿はご遠慮ください。」
  ・食べログは、お食事をした際の主観的な感想・意見を共有する口コミサイトのため、お店へ悪影響を及ぼすかつ事実関係の確認が困難な事象のご投稿はご遠慮いただいております。

「7.お店への個人的なクレームやトラブルに関する内容はご遠慮ください。」
  ・食べログは、お食事をした際の主観的な感想・意見を共有する口コミサイトのため、お店に対する個人的なクレームやお店で起きたトラブルに関するご投稿はご遠慮いただいております。

 

 

 

 

 

わたしが抱いた感想などなど

 

わたしがそのお店で経験したことは、なるべくそのまま書こうと思い、書きました。

それがレビューの本質ですし、それが食べログを読む人のためにもなるんじゃないかと。食べログガイドラインにも「主観的な感想」とありますから、“その説明、ちょっと違うんじゃないの?”と本能的に感じたこともそのまま書きました。

かといって、その場で解決すべきことを、その場では何もせず、食べログで訴えようと思ったわけでもないので、おかしいということはその場で店員に伝えています。

 

でも、食べログにとってはガイドラインに反していると判断されたのでしょう。

 

 

 

食べログ側のこの要請に対し、反論しました。その内容を記録してないのでご紹介できないのですが、結果的にそのレビューは記録されず、削除されました。

 

 

わたしがこのやりとりを通じて感じたのは、以下のとおりです。

 

  • 「主観的な感想」をよしとするのは理解できなくもないが、客観的事実をないがしろにすると逆にそのレビューは、他人(そのお店を経験したことないひと)にとっては意味をなさないのではないか
  • 「事実の確認が困難な事象」というなら、誰が事実の確認をするのか。レビューワー(レビューをする人)が述べた具体的な出来事、事象の記述は無視するのか
  • ミシュランみたいに、食べログの調査員がそのレビューを確認するくらいの心意気があって、「事実の確認が困難な事象」と述べているのか
  • 事実の確認が困難だとしたら、食べログとは投稿者の主観的な感想だけで成り立っているサービスなのか、それでいいのか

 

 

 

 

食べログとは投稿者の主観的な感想だけで成り立っているサービス」なのでしょうか。

 

この事業を興したときには気概があったのかもしれないけど、お店に気を遣ったり、予約システムを導入しないんだったら評点を一律下げるぜ、としたり、随分とレビューワーとは反対側の連中が中心のサービスになったもんだぜ。

 

 

口コミガイドライン [食べログ]

 

当時の出来事と、今日確認した「口コミガイドライン」にさほど違いは感じられませんでした。

 

 

 

その昔、食べログからメールがきました。お食事会へのお誘いです。

わたしが住んでたその街は、小さな街ではありません。そこそこ大きな都市です。なので、グルメでもなく、レビューの数も多いわけじゃないわたしごときがお誘いを受ける人間じゃない、と、そのお誘いに不審な感じがしたので、何回かやりとりしましたが、間違いなさそう。で、結局集まったわたし以外の皆さんはすごいグルメ、知識人。

「ははー、俺はこのコミュニティにいてはならない、しょぼい人間だ」と思いました。その会はとても刺激的で、有意義なものでしたが、逆に食べログを遠く感じるようになりました。

 

その会合が開催されたのは、わたしの感覚では、食べログが、多くのユーザーらから「あいつら、ちょっとずれてる」と思われ始めた時期でした。

なんというかなあ、純粋なレビューを、大量データとして扱い、レビューワーの顔が見えないとぞんざいにし始めた感じ。

だから、レビューする人たち(レビューワー)にごちそうし、離さないとする思惑を感じました。お高そうなお店でしたので、楽しんだ人間が言う資格はないですが。

 

 

その後も、予約システムを入れてないから評点をいっせいに下げるとか、枚挙に暇がない数々のレビューサイトとしてふさわしくないニュースを出し続けました。

もう、連絡先、ロケーションの情報の参照先としてしか価値がなさそうになりました。

わたしにとっては今後、その用途としかなさそうです。残念ですが。

 

 

 

 

JKとはヒトではなく時間のことだ。だから、JKは良識ある大人たちが守らねば

雑談

「JK」と聞いて、あなたは何を思い出しますか。

暗殺された元米国大統領、ケネディ? ジョン・カビラ

わたしは、女子校生、女子高生を真っ先に思い出します。ぶっちゃけ。

 

f:id:e-wave:20170313201517j:plain

 

JKビジ●スという社会現象もあり、JKというアルファベットが独特の意味、イメージを持つようになった現代。

むかーし感じたことを思い出したことがあるので、ご紹介します。

性風●的な意味合いの記事を書くと、きっとグーグル先生に嫌われるし、性●俗のことを書こうという目的ではありませんので、あしからず。(とはいえ、まったく避けて通ることもできないと思うのですが。)

 

 

 

東京のある地域で生活した6年間で気づいたこと

 

 

わたしはど田舎生まれ、ど田舎育ちです。

そんなわたしが社会人として最初に赴任したのは東京。住んだ独身寮は東京のど真ん中でした。

そこで生活し始めて6年経ったある日、ふと思ったのです。

 

寮から歩いて、近くの地下鉄の駅で地下鉄に乗り、職場に向かう、わたしの毎日はそんなでした。

寮のある地域は周囲に高校や大学などが多く、朝、駅では多くの高校生をはじめとする学生さんたちとすれ違います。

生活をスタートさせて6年ほど経過した春。

 

あー、もう俺はここに6年も住んでるな

 

と感慨にふけったと同時に、

 

この駅で見かける高校生たちは、すでに二回りして、全然違う人物たちになっている

 

ということに気づいたのです。

 

具体的には。(下手な図ですいません)

 

f:id:e-wave:20170313201825j:plain

 

 

わたしが東京で生活をスタートさせた年(上図の「ある年」)に高校生だった高校生たち(上図の左上の太枠A〜C)は、とっくの昔に高校を卒業し、就職したか大学か短大か専門学校などの学校に進学している。

そして、今、駅ですれ違う高校生たち(下図のG〜I)は、Cたちとは4~6年も年齢が下なのだ、と。


こちら(わたし自身)は、6歳年をとり、社会人生活を6年経過したところ。長いようであっという間だった気もする。

一方、目の前にいる、高校の制服を着た高校生たち(G~I)は、中身は別人になっているけれども、ぱっとした見た目は6年前とほとんど変わらない風貌。

そして1年生のCは、きっと長いと感じたであろう高校生活3年間を終え、大学に進学したとしたらすでに4年生になっているということ。

 


つまりは、高校生とは、特定の人物たちを指すというより、高校の3年間を指す概念であります。

正確には、“今このときに高校1年か2年か3年である生徒たち”ということです。

 

逆に、Cの人たちにとっては、ある年4月から2年後の3月までの間が“高校生”だったということです。

“高校生”とはとある期間を指す概念といってもいいと思います。“高校生活3年間”です。

 

これはもちろん、“JK”(女子高生を略しただけのJKとお考えください)についても同じことが言えます。当然ですけど。

つまり、JKとは、特定の人物たちを表すのではなく、とある期間を指すものだ、と。

 

 

似て非なるものとして、サザエさんがあります。

サザエさんサザエさん他の登場人物は、人物としては変わらないが年齢は同じ

JK:年齢(帯)は変わらないが、人物は変わり続ける 

 

 


JKの魅力とこわさ


JKとは、時間を指すものなのだ、という視点で引き続き考えます。

 

人物は常に入れ替わります。同じ人物がずっとJKであることはできません。年齢にして15歳から18歳の間の女子です。年齢はこの間しかないので、年は取りません。

 

身体の生育は途中段階であり、彼女らが見ること聞くことも、すべて同じ長さの間でしか得られない。

身体がどんどん発達、老化していくわけではなく、知識や経験がどんどん増えていくわけでもない。


表現に注意する必要がありますが、JKを好きな人たちは、そういった定義に該当する女性たちを好きだ、ということですよね。

女子高生ならではの制服という要素もあるかもしれませんし、生育途上の身体が魅力的だ、ということもあるかもしれません。

異性、あるいは性の興味の対象がどういうものかは人それぞれでしょう。それに文句は言えません、他人がどうすることもできません。

(ただし、法令は守らなければなりませんけどね。)

 

 

知識や経験が十分でない集団ということは、こわさを感じます。彼女らがなんらかの被害に遭いやすいという意味で。

 

たとえば。混み合う電車の中で、触られてしまった。つまり、チ●ン。

チ●ンを経験すれば、それを警戒して、混み合う電車に乗らないとか、怪しい人物には近づかないとか、経験を元に行動します。

自分の服装や動作などがはしたなければ、今後は気をつけるようになるでしょう。一挙手一投足も変わるでしょうし、知識を得られたらそれに伴い生活スタイルやらなんやら変わっていくことになります。

 

でも、JKとは、人物ではなく時間を表すものであり、JKとは「人生をさほど経験していない発育途上の女性」です。

 

となると、JKという対象は危険もはらんできます。

チ●ンに狙われやすいし、はしたない動作は変わらず、おっさんたちの好色の目にさらされることとなる。

 

さらには、極論すれば、何も知らずに、JKビ●ネスのように、世間を十分知らない女性たちが、世間を知り尽くしている人たちに操られ、法令すれすれの産業に使われることにもなりましょう。

全員が全員、何も知らないでそのたぐいのビジネスに加担しているわけではないかもしれません。事情はわかっていて、お金欲しさにそのビジネスに参加しているかもしれません。というか、そういう人が多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、JKというのは、成長段階にある未熟な存在です。

だから、良識ある、知識や経験があり、コンプライアンスもわかっている大人たちが彼女らを見守る必要があると思うのですよね。

 

わたしが言いたいこと、表現したいこと、わかってもらえたかな?

 

 

春場所:稀勢の里の成績も気になるが、そもそも横綱の給料っていくらなのか

今日から大相撲春場所

 

横綱稀勢の里がどういう取り組みをするのか、勝ち星は? 優勝は?など興味はつきませんが、そもそも横綱、あるいはその他の力士の給料ってどうなってるんでしょう。

下世話な話ですが、仕事上の興味もあり、調べてみました。

 

f:id:e-wave:20170312080403j:plain

 

 

仕組みは、月給+各種手当+賞与と、成績に応じた給金の2階建てとなってます。そして退職金もあるようです。

民間企業の賃金体系とさほど変わらないようです。

 

まずは、十両以上の力士とそれ以下の力士養成員とに分けてご説明。

 

 

 

 

 

力士

 

 

力士の月給

 

  • 横綱:282万円
  • 大関:234.7万円
  • 関脇、小結:169万円
  • 前頭:130.9万円
  • 十両:103.6万円

 

 

力士の賞与

 

1年間あたり、月額給与の2ヵ月分

 


月給、賞与以外に様々な手当があるようで、それらを加味し、年収ベースで比較してみたグラフです。

 

f:id:e-wave:20170312081357j:plain

 

十両がすでに、サラリーパーソン(サラリーマン)の夢とも言える「年収1000万円プレーヤー」です。すごい。

横綱に至っては4500万円。大企業の役員クラスほどです。(以下、参照)

 

jinjibu.jp

 


成績次第ではもっと高額になるようなので、すごいもんです。優勝賞金は1000万円!

しかも、決まってもらえる額だけでこれだけなので、トーナメント、テレビ出演などなどの本場所以外の収入もあわせれば1億を超えるかもしれません。


とはいえ、横綱といえば、「東大に入学するより難しい」とも言われます。
努力だけではなく、才能(身体、努力できる才能、強いこと)も必要。

しかも、現役期間が短いことを考えれば、これくらいでは安いといえないこともないかもしれません。

 

 

 

 

力士養成員

 

 

給与は支給されません。そのかわり、場所手当というものが本場所ごと(年に6回)に支給されます。

 

幕下:15万×6回=90万円/年
三段目: 同 =60万円/年
序二段: 同 =48万円/年
序ノ口: 同 =42万円/年

 

 

十両以上と力士養成員の差は圧倒的ですね。年に90万円と1000万円を超えるという差ですから。

でも、手当額は少額ですが、交通費支給、部屋でのちゃんこなどがあるので、年収90万円でもそれなりの生活はできるでしょう。稽古稽古の毎日でしょうが。

 

 

 

 

退職金

 

 

退職金も書いておかないといけませんね。


地位、勤続などが大きく影響するようです。

横綱 白鵬を例に計算してみます。(今回の春場所をもって退職したとした場合)

 

1500万+50万 X 58場所=4400万円

 

58場所は横綱としての在籍のみなので、大関以下の際の在籍場所数も加算するともっと増えます。

これまたすごいです。

 

 

 

金星

 

 

相撲の世界で給料の面でも独特なのが、金星です。

平幕の力士が横綱に勝つことを金星といいますが、あれは勲章、名誉、NHKでのインタビューだけではなく、給料にも反映されます。

 

金星1つで4万円/月の昇給です。ベースアップです。金星1つで年収が48万円アップするわけです。

これが、引退まで月額給与に上乗せされ、ずーっと支給されます。

 

 

 

 

懸賞金

 

 

取り組みの前に、土俵をぐるぐるまわる旗があります。あれが懸賞金です。
企業が懸賞金を出してくれます。

旗の数だけ懸賞金が増えるのですが、1本あたり62000円。そこからいろいろ差っ引かれ、30000円×本数が、その取り組みに勝った力士に贈られます。(手刀のときの分厚い祝儀袋がそれです。)

これは一時金です。

 

 

 


などなど、下世話ではございますが、わたしの総務の仕事としては有意義な給料の話をしてきました。

このような情報を得ておくと、これからの相撲観戦も違ってくるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

森友学園が、最も責任を負うべき、今後起こりうる事象

雑談

このブログに書きたいことではないんだけどなあ。

 

 

森友学園が最も責任を負うべき、将来心配されるなあ、とわたしが想像したこと。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

それは、森友学園が運営する塚本幼稚園で学んだ子どもたち。

塚本幼稚園ということを恥じて、名乗れない、そんな親御さん、子どもさんが出てくるのではないか、ということです。

 

籠池泰典理事長夫妻、彼らに関係した政治家、行政など、ほんの限られた人数の正義のない行動によって、未来ある子どもたち、その親御さんたち、ご家族ご親族が、自分たちが望んでいなかった未来が来るかもしれない。

そんな気がしてならない。

 

 

「そんな幼稚園だとは知らなかった」として子どもを退園させる親御さんがいると聞きます。

 

不誠実としか言いようがない、こんな“教育者”もどきたちが、自ら、幼稚園の価値を低下させてしまった。(低下と思わない方がおられましたら、お詫びします。)

低下したと落胆された親御さんたちの落胆が想像されて仕方ない。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

再チャレンジする、とぬかしとる籠池理事長(の後任)のもとに集まる親御さんはいるのでしょうか。

 

今現在(3月10日 22時)、わたしの想像、感じたことそのままを書きました。なので、汚い言葉、不適切な表現に満ちてしまいました。

ごめんなさい。

 

 

急げ、今月のsmart誌は付録が腕時計だぞ!

ガジェット

今月のsmart誌は、付録が腕時計だぞ。

HEAD PORTER PLUSの刻印。

 

どんなもんか気になってる人のために買ってきたので、紹介するぞ。

ちなみに、価格は980円。

 

 

 

表紙です。おっさんが手に取るには少々恥ずかしい、胸の谷間。

f:id:e-wave:20170309172347j:plain

 

 

 

説明書。スペックなどが書いてあります。

f:id:e-wave:20170309172414j:plain

 

時間精度:平均月差±60秒前後(980円の雑誌の付録ならしょうがないか)

使用電池:ボタン型電池1個(SR626SW

防水性能:日常生活用防水

電池寿命:約1年

 

といったことが書いてあります。

雑誌の中のページには以下の記載があります。

 

サイズ:ケース径44.5 X 全長232mm(バックル部分除く)

ベルトの素材:フェイクレザー(市販のバンドと付替えも可能)

暗闇でも見やすい盤面(管理人注記:蓄光塗料が使われているとのこと)

素材:PVC、合金

MADE IN CHINA

 

 

f:id:e-wave:20170309172440j:plain

 

梱包を解くと、こんな感じで包装されてます。

過剰包装でおなじみのAmazonと比べたら、こんなもんでまったく問題なし。

 

 

 

f:id:e-wave:20170309172457j:plain

 

肝心のフェースです。

付録だからといって、安物っぽい感じはあんまりないですよ。

 

 

f:id:e-wave:20170309174636j:plain

 

大きさをイメージしていただくために、iPhoneiPhone SE)と並べてみました。

 

誌面の表紙には

「大きめだから掛け時計、置き時計にも!」

との表記がありますが、そこまでは・・・。

 

 

 

時計のクオリティとしては「推して知るべし」でしょう。

でも、雑誌とあわせて980円で買えますので、2本目とか、「腕時計が欲しい!」と泣きじゃくる子どもさんへのプレゼントとしては十分では、と思います。

 

 

ちなみに、わたしは買いたいと思って買ったわけではないです、実は。

なぜなら、男にとっての腕時計は恋愛ですから、あらたに1本を買うってことは愛人というか不倫というか、そんなものですからね。自分自身、過去にこんな記事を書いてます。

e-wave.hatenablog.com

 

コンビニで本誌を見かけ「へぇー、腕時計さえも付録の時代か・・・」と手にとった途端、輪ゴムが切れ、付録のダンボールが落ちちゃったんです。店員さんに申し出ようと思ったけど、「980円か、だったら買っちゃうか」って感じで買った次第です。

 

我が奥さんへ:特別な意味はないから、ご安心を!

 

 

 

あれっ、発売日は2月24日? そうか、そういうことか。発売されてから10日以上経ってる。わたしの住む街が田舎ってことですね。

smart(スマート) 2017年 4 月号

smart(スマート) 2017年 4 月号