読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、その他諸々のデジタルガジェットが好きなので、電磁波で死んでしまうかもしれない。その前に書き留めておこう、というブログ。

不倫を肯定するお前らは子どもを持っていないんだな

ブログ

舛添要一東京都知事の公私混同疑惑をめぐっては、「第三者」の弁護士の調査結果、

 

「不適切だが、違法ではない」

 

が話題になり、

「違法じゃないが、不適切だろ」

とのツッコミも見かけました。

 

 

同じ類の話で、芸能人などの不倫についても「不倫バッシングがひどすぎる」「不倫は違法じゃない」などと、不倫をした(あるいはしている)人物を擁護する存在がいますね。

が、

 

「違法じゃないが、不適切だ」

 

というツッコミをする人って、少ないような気がします。

 

リンク先の、将棋士の発言した番組「ワイドナショー」を私はリアルタイムで観てました。

 

「ほらほら、言わんこっちゃない。不倫は違法じゃない、とか、不倫は文化などと現状肯定の話をする大人たちに痛めつけられる子どもたちが出ちまったじゃないか」

 

というのが、テレビを観ていた私の本音の感想でした。

 

大人たちは、「不倫しない人間なんているわけがない」「結婚というシステムで人間という動物を縛り付けるのがおかしいのだ」「古来、人は不倫をしてきた」などと不倫を肯定し、バッシングされる有名人たちが生き残ってきた。

が、その裏で、子どもたちに不倫は当たり前、という考え方が根付いたり、自分の親が不倫で別れて、こどもたちは被害を受けて片方の親と別れたりなど、不幸な目に遭ってきている。

 

大人たちだけならいいかもしれない。

こどもを持たない大人たちが勝手に不倫するなら、まだ影響はすくないかもしれない。

でも、不倫が肯定され、不倫が報道される世の中は、子どもたちを痛めつけるのだ。

 

私は不倫をしたことはないし、これからもするつもりはない。

したいと思わない。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

 

不倫は、

 

違法じゃないが不適切

 

と考える人間だ。

 

 

 

ベッキーの心のとびら

ベッキーの心のとびら