読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、その他諸々のデジタルガジェットが好きなので、電磁波で死んでしまうかもしれない。その前に書き留めておこう、というブログ。

いつまでポケモンGOで浪費してるの?わたしはやめる

ポケモン

タイトル、釣りましたm(_ _)m

 

ポケモンGO

 

やめます、ポケモンGO

10日ほど前、レベル26まで上がりました。

もうここでやめようかな、と。

 

 

 

 

1.やめようと決めた途端、アップデートでポケモンの追加とかあるし

 

 

www.pokemongo.jp

 

やめようと決心した途端、バレンタイン企画とかポケモン追加とかあるし・・・。

ひさしぶりに、黒い影が出始めて、また面白くなった感じもあるのです。

レベル26にアップしたあとも、6個の新しいポケモンを捕獲したし。

 

でも、やめます。

 

 

 

2.やめる理由

 

(1)わたしの生活

 

わたしはサラリーパーソン。

自宅から職場まで、鉄道を使っての往復。片道で1時間ほどです。

その間、若干の回り道をしたとしても、通過できるポケストップは全部思い出せるほど。

外出することはほとんどないため、行動範囲は限られます。

当然、ポケモンにも出合うのは同じものばかり。

 

休日は、家族サービス(家族への奉仕、という意味合いではなく家族と過ごすことのほうが楽しい、という意味です)ですし、そんなときにポケモンGOは不要。

ポケモンGOを楽しめる要素が少ないのですよね。

 

それに、普通に仕事する生活してれば歩数計は1万歩は超えるので、健康上もクリア。

 

単身赴任生活、あるいは営業職で外出が多い(さらにクルマでの移動が多い)とかならまだ違ったかもしれないけど。

 

 

 

(2)非効率

 

通勤途中は、本を読んだり、ブログを閲覧したり書いたり。

でも、ポケストップのある場所にくると、それを中断するんですよね。

で、捕獲活動が終わったらまた読書に戻るんだけど、非効率です。

 

生産活動を分断するポケモンGO

いい年したサラリーパーソンには、あまり似つかわしくありません。

 

それほどに中断するポケモンGOですが、なにも生み出さない。

お金になるわけじゃないし、名誉にもならない。

しかも、人様に自慢できるほどにレベルが高くないし、捕獲したポケモンの種類も少ない。

 

今回みたいにキャンペーンはられても、延命装置のつけられた身体という感じで、そろそろ価値は見いだせません。

 

ちょっと前に放送された「がっちりマンデー」でどっかの社長が昼休みにポケモンGOを遊んでるってやってましたけど、あれ秋葉原だから楽しめるけど、東京だから楽しめるけど、社長だから「へぇー、社長でも遊んでるんだ」と若者に近づける要素はあるけど。

いい年した、仕事できない中間管理職(わたしのことです)がやってる場合じゃない。

 

 

 

3.続ける人を否定はしません

 

家に引きこもった、心の病を持った若者たちを外に出し貢献した、というような役割は認めます。運動不足のおっさんらを歩かせる機能もあります。それもOK。

ただ、交通事故とか、トレーナー(ポケモンをプレイしている人)の周辺を歩いていると危なっかしい、という負の側面は厳然として存在します(ポケモンGOだけが悪者でもなく、スマホだけが悪者でもなく、夢中で読書してる人も危なっかしいんだけどね)。

 

ポケモンGOというアプリを否定はしないし、これによって健康になっている人、これからも続けていく人を否定はしません。

 

しかし、これ以上、わたしにとっては無駄を生み出す以外に何もありません。

消耗するだけです。ポケストップが近づいてきたら「あ、プレイしなきゃ」という頭の変換が無駄すぎる。これでは、老いのスピードが増すだけ。

 

というわけで、安全で、やることが全くない暇な時間で、いつもとは違う場所に出かけたときなどに「ちょっと起動してみるかな」くらいのときだけ起動します。

 

 

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)