読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、その他諸々のデジタルガジェットが好きなので、電磁波で死んでしまうかもしれない。その前に書き留めておこう、というブログ。

たかが紙一枚の中敷、靴の快適に驚き感動した話

買い物

それは、取引先様からいただいた季節のご挨拶品でしたよ。

 

アシート 1

 

いわゆる「粗品」でいただいた、コレ。

最初は「粗品」だからね、って感じでしたよ。

 

取引先から贈り物をもらうことは「優越的地位の濫用」にあたるので、よろしくないんですよね。でも、紙ですから、これくらいだったらいただいてもいいかな。

失礼っちゃ失礼な話です。ごめんなさい。

(いただいたのは、この製品のメーカーではありません。)

 

 

ダンボールのような紙でできた靴の中敷。3足分ほどがはいっていた、このビニール袋。

名前は「アシート」。

さして期待はしてませんでした、正直。

ダンボールだから、安っぽく仕上げたなって印象。

 

でも、使ってみたら、それ以上にいい感触。

ザクザクした、足の裏の感触。

 

横から見たアシート。断面です。

アシート 2

 

大したこと、なさそうでしょ?

でも、なかなかなんです。

 

さすがに何日もザクザクが続くわけじゃない。数日したら消えていきます。

でも、その後もチクチク(いい意味で、です)の感触が残って、足裏に刺激を与えてくれるんですよ。

 

 

加えて、吸湿。湿気を吸ってくれる。 

左足のアシートが破れたんで捨てました。で、右足だけを靴に入れてた状態で数日。

今日、比較的多量の雨が降ったのですが、圧倒的に右足と左足の感触の差があったんです。

左足はジメジメ、ジュクジュクした感じ。右足は、多少は湿気が感じられるものの、雨天ということをあまり意識しなくて済むくらいに快適なんです。

この左右の差がハッキリとわかりましたから、たかが一枚の“ダンボール”ですが、違いました。

 

これ、売ってるといいのになあ。買うのになあ。

で検索してみました。「靴 中敷 紙」これで、Amazonのアシートのページが出てきました。まさに、これです。

 

アシート 4

 

 

耐久性はさほどないので使い捨てです。

だから、何十枚というセットで売ってたらなあ、と期待したらまさにそのまま。

40足セットというのが売ってました。

 

わたしが調べたときには33%ディスカウントで2800円ほど。40足で割ると1足あたり70円。

 

安易ですが、Amazonに記載の説明文を引用します。

 

  • ■クリスライトで強力脱臭! 脱臭剤「クリスライト」を配合した特殊紙がニオイの原因となる硫化水素などのガスを吸収。人前で靴を脱ぐのも気にならないほど強力な脱臭効果を発揮♪
  • ■紙の吸湿性がムレを防止! 紙の優れた吸湿性が汗をしっかり吸収。さらに波型加工によるエアダクトの通気性が足ムレを防止。
  • ■波型の刺激でいつも快適! 表面の波型加工は衝撃を吸収するだけでなく、ツボの宝庫である足の裏を適度に刺激。畳の上を歩いているような感触でとっても気持ちがいい♪

 

この宣伝文句、体験する前だったら信じられませんでしたが、体験したあとに読むとよーくわかる。クリスライトというのがどういうものか知りませんが、体感としてはまさにこうです。

 

 

 

 

アシートOタイプ40足入お徳用パック 男性用26cm 【ペーパーインソール(紙製靴中敷き)】
by カエレバ