読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、その他諸々のデジタルガジェットが好きなので、電磁波で死んでしまうかもしれない。その前に書き留めておこう、というブログ。

ソニー単焦点レンズ SEL50F18Fが居酒屋にて

居酒屋にて。

ソニー単焦点レンズ、SEL50F18Fを試してみました。

 

f:id:e-wave:20170228072921j:plain

 

うーん、いいですね。

ごま鯖にピントの合う具合とボケの感じ。

単焦点ならではですね。

 

適当な表現が思いつかないのですが、 被写体が浮かんで表現されるというか。

 

マクロレンズの場合、当然ですが被写体に近づいて、ドアップでくっきり撮る。

被写体をしっかり撮影する、それはそれでかわいい、華やかな味わいがありますが、この単焦点レンズは、そこの空気というか、被写体のたたずまいまでも演出して写し出してくれる。

しかも嫌味なく。

単焦点レンズはそんな感じでしょうか。

 

 

こちらは、向こう側のチヂミにピントを合わせました。

f:id:e-wave:20170228073010j:plain 

こんな感じでピントをずらして合わせた場合も味が出ます。

 

 

スマホのカメラあるいは写真編集のアプリで、ぼかす機能を付けたものが多く出回ってますが、やっぱカメラそのもの(デジタル一眼、ミラーレスなど)には勝てないですね。

 

このレンズ1本で、写真の質が向上しました。

 

写真の質は、本体XレンズX撮影枚数の掛け算で上がっていく感じかな。